カナダ留学といえば、どうしても学校の選択肢の広さや私立語学学校の充実度から、バンクーバー・トロントが定番化していますが、カナダは広い!!のです。
「それ、どこですか?」と言われてしまうようなレアな地域で、私立語学学校はなくても、公立大学・カレッジ付属の英語研修施設はあります。そんな地域ですから、当然町中に日本人は少数ですし、実は英語の勉強には非常に適した環境なのです。
コンタクトカナダでは、ありきたりの「私立英語学校留学」では見つけられない「あなたのカナダ」を見つけてもらうため、お勧め地域と留学可能な学校をご紹介します。

<こんな人にお勧め!>
 *バンクーバーやトロントなどのありきたりの地域は避けたい!という方
 *地元カナディアンと同じキャンパスライフに憧れる!という方
 *私立語学留学は経験したし、ワンランク上の英語環境で勉強したい、という方
 *大学・カレッジの寮生活をしてみたい、という方
 *レベルを上げて、英語研修+アカデミックなコースも受けてみたい、という方


<こんなテーマはいかが?>
   ● オーロラを見上げ、自然の神秘に思いを馳せる(ユーコン準州・BC州北部)
   ● 山や丘に囲まれた大自然(BC州東部・BC州ロッキー地区)
   ● 紅葉季節が楽しみな、小さくも愛らしい街(オンタリオ州
   ● 壮大なアトランティック・カナダ(ニューブランズウィック州)

               資料請求⇒
      地域の特徴
・・・・ 
オーロラを見に行くだけでいいんですか?


カナダのオーロラ観光はとても有名になっていますが、オーロラツアーは、基本的にロッジに泊まって毎晩夜空を見上げ、オーロラの出現を待ち、次の日のお昼くらいまで休憩、というローテーションが定番。オプションでスノーシューハイキングや、犬ぞり体験など組み合わせることもできますが、どうせならば地元カナディアンも通う公立学校の英語クラスで勉強してみませんか?(オーロラ鑑賞は時期が限られます)

● お勧め地域
 ユーコン準州 ホワイトホース (バンクーバーで乗継約2時間半のフライト)
 ⇒ホワイトホースの情報はこちら
 
 BC州 フォートセントジョン (バンクーバーで乗継約2時間のフライト)
 ⇒フォートセントジョンの情報はこちら

・・・   ・・・・  
      この学校で学べます

・・・・ 
学校名・都市名 特徴
Yukon College
(Whitehorse)

オーロラ観光地として知られており、雄大なユーコン川、広大なブッシュなど周囲に広がる自然環境は圧巻。先住民族も多く住む地域で、先住民文化に興味がある人にもお勧め。TOEFL133以上の上級者はCollegeのアカデミックコースを2つ受講可能。アウトドア系のコースや北方先住民族のコースなどに興味がある方はぜひ。

ESLコースは1週間から参加が可能です。
学生寮あり


Northern Lights College
(Fort St. John)

年間100日以上オーロラが観測できるというBC州北部地域。TOEFLスコア500点以上はESL授業と平行してアカデミックコースを取ることができる。3ヶ月ごとのセメスター(学期)制。BC州北部の地域に5つのキャンパスをもち、アウトドアガイドやビジネス系のプログラムも充実している。

ESLコースは1か月から参加が可能です。
学生寮あり



*もっと詳しく知りたい!→資料請求 大学資料は取り寄せに時間を要する場合があります。

*その他、カナダにあるカレッジ・リンク集


TOPに戻る

                              資料請求⇒
      地域の特徴
・・・・ 
カナディアン・ロッキーの雄大な姿
トンプソン・リバーの流れる先住民の土地


カナダといえば、ロッキーを代表とする雄大な自然。ロッキーの急峻な山を臨む地域は、さまざまなアウトドア・アクティビティを楽しみたい人にはお勧めです。バンフやジャスパーなど国立公園の観光地は生活費が高いですが、小さな郊外に場所を移せば、むしろバンクーバーやトロントなどの都会に比べて随分安く滞在できるものです。
また、カナダ先住民族、シュスワップ族の言葉で「合流点」という意味のカムループス。牧場、特に馬を飼っている観光牧場が多いところで、ウェスタンハット・ウェスタンブーツが似合う土地でもあります。

● お勧め地域
 BC州 カムループス (バンクーバーで乗継約1時間のフライト)
 ⇒カムループスの情報はこちら
 
 BC州 クランブルック (バンクーバーで乗継約2時間半のフライト)
 ⇒クランブルックの情報はこちら

・・・   ・・・・  
      この学校で学べます

・・・・ 
学校名・都市名 特徴
Thompson Rivers University
(Kamloops)

進学者向けのESLでレベル3以上はESL授業と平行してアカデミックコースを取ることができる。ESLコースへの入学にTOEFLなどのスコアは必要ないが、TEFL350程度レベルがないとLevel1でもついていくのが難しそう。3ヶ月ごとのセメスター(学期)制。

ESLコースは1学期(約4か月)から参加が可能です。
学生寮あり


College of the Rockies
(Cranbrook)

ロッキー山脈に囲まれたカレッジ。山関連のアクティビティ好きな方にお勧めの環境。学費・滞在費が安価なのも特徴のひとつ。規模は小さいので、学生へのケアは充実している。


ESLコースは1週間から参加が可能です。
学生寮あり


*もっと詳しく知りたい!→資料請求 大学資料は取り寄せに時間を要する場合があります。

*その他、カナダにあるカレッジ・リンク集


TOPに戻る

          資料請求⇒
      地域の特徴
・・・・ 
大水門クルーズと紅葉トレインツアーが目玉の小さな街


カナダ東部オンタリオ州は紅葉の名所が多く点在することで知られています。紅葉と言えば、モントリオール・ケベックなどの都市が有名ですが、あえて「あまり有名でないところ」にじっくり腰を落ち着けてみるのもよいでしょう。
名所のひとつ、「アガワ渓谷」。ここに6〜10月中旬の紅葉シーズンに毎日1本日帰りツアー列車をだしている、Sault Ste. Marieという町があります。小さな街で、取り立てて特徴がないのが特徴ともいえますが、ここは五大湖のスペリオル湖とヒューロン湖を結ぶ、セントマリー川の北岸にある「水門の町」です。
大西洋からスペリオル湖まで続く、全長約3800Kmの大水路、シーウェイの最奥の水門で、対岸にはアメリカのミシガン州を臨みます。

● お勧め地域
 オンタリオ州 スー・セント・マリー (トロントで乗継約1時間半のフライト)
 ⇒スー・セント・マリーの情報はこちら

・・・   ・・・・  
      この学校で学べます

・・・・ 
学校名・都市名 特徴
Algoma College
(Sault Ste. Marie)

学生数が約1200名の小規模カレッジ。学生一人一人へのケアが行き届いているので、フレンドリーなスタッフに囲まれ、のんびりとした環境でゆったりと留学生活が送れそう。日本人にはまだまだ留学地としては知られていないので、日本人留学生は非常に少ない。滞在費・学費ともにリーズナブルなので長期にもお勧め。

ESLコースは1か月から参加が可能です。
学生寮あり



*もっと詳しく知りたい!→資料請求 大学資料は取り寄せに時間を要する場合があります。

*その他、カナダにあるカレッジ・リンク集


TOPに戻る

                        資料請求⇒
      地域の特徴
・・・・ 
実はアートやITの先進地域


カナダ大陸の東端に位置するニュー・ブランズウィック州の州都フレデリクトン。
雄大なセント・ジョン川が流れる風光明媚な街で、350名ものアーディストが集まる、ジャズやブルースの国際的なフェスティバルもある。おもな産業はITで州内のIT産業の半分はこのフレデリクトンに集まっている。
アーティストも多く集まる地域のため、1年を通して様々なアート系ワークショップやセミナーが積極的に開催される。

● お勧め地域
 ニューブランズウィック州 フレデリクトン (トロントで乗継約2時間のフライト)
 ⇒フレデリクトンの情報はこちら

・・・   ・・・・  
      この学校で学べます

・・・・ 
学校名・都市名 特徴
University of New Brunswick
(Fredericton)

総生徒数8000名ほどの大学。公立付属ESLには珍しく、「3週間集中」や「5週間のサマースクール」「ジュニア用英語ディキャンプ」などプログラムが豊富。
レベルを問わずに参加できるのは、Intensive English Term Format という23時間/週のコース。

ESLコースは1週間からのコースもありますが、上記フルタイムIntensiveは15週間(1学期)から参加が可能です。
学生寮あり



*もっと詳しく知りたい!→資料請求 大学資料は取り寄せに時間を要する場合があります。

*その他、カナダにあるカレッジ・リンク集


TOPに戻る

TOP PAGEへ  資料請求  お問合わせ

カナダ 高校留学 中学留学 北米 大学 進学 卒業 短期 セカンダリースクール 国際バカロレア 帰国子女 合格 夏休み 体験