■お役立ちリンク集■

<PART 1>
<PART 2>
<PART 3>
<PART 4>
カナダってどんな国? カナダへの入国 通貨・両替 カナダの祝祭日
カナダのメリット カナダへのアプローチ 電気製品 ビジネス・アワー
どんな人が留学してるの? 気候・服装 病院・医療サービス 郵便
留学費用 時差 チップ 電話
治安 税金 これだけは知っておきたいマナー


カナダってどんな国
基本情報
通貨 カナダドル(1ドル=100セント)
人口 約3,500万人(2012年 カナダ統計庁)
面積 998万4,670km2
首都 オンタリオ州オタワ
時差
地域により6つの時間帯がある。
太平洋標準時:
日本時間マイナス17時間
山岳標準時:マイナス16時間
中央標準時:マイナス15時間
東部標準時:マイナス14時間
大西洋標準時:マイナス13時間
ニューファンドランド標準時:マイナス12時間半

夏時間(サスカチュワン州除く):3月第2日曜日から11月の第1日曜日まで。上記各1時間早くなる。

カナダのメリット
多文化モザイク国家
現在、カナダの全人口の5分の2がイギリス系、フランス系、先住民族以外の出自を持つ人々で占められています。カナダ人の約2割は複数の母語を持つか、公用語である英語・フランス語以外の母国語を話します。アメリカが「人種のるつぼ」と呼ばれるのに対し、カナダは「多文化モザイク」。つまり異なる文化の共存を推進している国際国家といえます。


国際性
カナダは、平和維持、自由な民主主義を掲げて、国際社会において多大な影響力とリーダーシップを示してきました。カナダが国をあげて提唱する「人間の安全保障」という概念は、国家よりも個人を保護する必要性を強く説くものであり、難民の受入や支援など国際社会に大きく貢献しています。

クリアな英語
アメリカでは西部なまり、南部なまりなどというのもあり英語も聞きにくくなるものの、カナダでは移住者によるアクセントの違いを除けば、西から東までこのアクセントが非常に少ない国といえます。また、あまり凝った言い回しをせずに、割りと直接的な分かりやすい表現を使うことが多いため、留学生にとっては非常に英語に馴染みやすいでしょう。

多様なアクセント
カナダは世界中からの多くの移住者が共存し、多様性文化を形作っている国です。同じ英語を聴いてもアクセントによって大分そのトーンは違ってきます。いくら学校で先生が話す英語だけ理解できても、例えば中国系移民のホストファミリーや南米系のクラスメイト、中南米系の店員さんが話す英語が聞き取れないのではあまり意味がありません。この英語の膨大なアクセント群との接触こそが、カナダ留学で得られる貴重な体験と言えます。日本帰国後に留学経験を活かし、外資系の会社に就職したとして、「自分は中国人やメキシコ人の話す英語は分かりません」ということでは全く仕事になりません。いろいろな国の人が来て英会話をする状況になっても、その英語のアクセントについてゆける「応用力」はキャリアとして企業から重宝されることでしょう。

高水準の教育
カナダの優れた教育制度、充実したカリキュラム、教材、施設は、いずれも国際的に高い評価を得ています。その分、当然大学など高等教育施設への入学条件は、他の国と比べても非常にレベルが高く設定されていますが、そこで培う知識と国際感覚は、何物にも変えがたい大きな武器となることでしょう。

素晴しい自然環境
カナダは西から東までそれぞれ特徴ある雄大な自然に囲まれており、保護・保全・管理政策に国をあげて取り組んでいます。20世紀の初頭以来、国内の保護地域は数、規模、種類ともに拡大し続けており、近年では環境保全を目的とした国の指定地域は約3,000ヶ所に上っています。


TOP
どんな人が留学してるの?

カナダへ留学される方の全体的な割合を見ると、女性が圧倒的に多く、また学生さんよりも、20代後半〜30代前半の社会人が目立ちます。
学生さん(主に高校・大学生)は、夏期休暇・冬期休暇を利用した、1週間〜8週間の短期留学が多く、社会人の方の場合は、会社を退社されてキャリアアップを図るため、6ヶ月を超える長期留学を希望される方が多く見られます。

また、カナダは年齢に関係なく、老若男女幅広く勉強ができる学校が多くございますので、60歳を過ぎて定年退職をされた方や、お子さんが自立してご自分の新しい人生を考えている主婦の方なども留学されます。

*男女比
(当社資料請求者比2010・2011)
*資料請求者の職業
(当社資料請求者比2010・2011)

TOP
留学費用はどれくらい?

カナダ留学のメリットは質のよさもさることながら、授業料の安さでも注目されています。もちろん、通われる学校によって授業料は前後しますが、通常の英語集中コースを受講される場合、大体期間によってこれくらいの料金がかかります。(カナダドル表示)

*私立語学学校1週間
(ホームステイ滞在)
*私立語学学校4週間(約1ヶ月)
(ホームステイ滞在)
学校登録費 $100
授業料 $280
教材費 $40
HS手配 $200
HS滞在(3食付) $260
空港出迎え $110
合計 $970
日本円にして、約¥100,000

*上記以外にかかるもの
-航空券代金
-海外旅行保険
-交際費など
学校登録費 $100
授業料 $1100
教材費 $40
HS手配 $200
HS滞在(3食付) $840
空港出迎え $110
合計 $2390
日本円にして、約¥240,000

*上記以外にかかるもの
-航空券代金
-海外旅行保険
-交際費など


*公立高校10ヶ月(1学年分)
(ホームステイ滞在)
*私立高校10ヶ月(1学年分)
(寮滞在)
学校登録費 $150
授業料 $12000
HS手配 $300
HS滞在(3食付) $8400
医療保険 $700
合計 $21,550
日本円にして、約¥2,000,000

*上記以外にかかるもの
-教材費(選択科目による)
-航空券代金
-海外旅行保険
-交際費など
学校登録費 $150
授業料 $17000
HS手配 $300
HS滞在(3食付) $17000
医療保険 $700
制服など備品 $1100
合計 $36250
日本円にして、約¥3,650,000

*上記以外にかかるもの
-教材費(選択科目による)
-航空券代金
-海外旅行保険
-交際費など

TOP
HOME   お問合せ  資料請求 


TOP NEWS 会社概要 よくあるご質問 語学留学 中学・高校留学 大学・専門学校留学 ホームステイ手配 ワーホリサポートサービス ファームステイ手配 PEIプログラム ロッキープログラム 団体のみなさま 資料請求 カウンセリング申込フォーム お問合せからご出発まで HOME お問い合わせ HOME NEWS About us プログラム概要 よくあるご質問 資料請求フォーム カウンセリング申込フォーム リンク