カナダ留学体験談


   M.Tさん
海外旅行もあまりしたことのない私がカナダ行きを決意できたのは、コンタクトカナダと出会ったおかげだった。
出発前の大きな不安も細かく解決してくれて、いざバンクーバーへ。3ヶ月の短期間だったけど、私を待っていたのは、今まで経験したことのない充実した日々。もちろん入学時は一番下のクラスからで、言葉の通 じないことに悔し涙した時もあったけど、だからこそ精神的に強くなれたし、上手く話せることよりも心から伝えたいと思うことがコミュニケーションの始まりだと改めて感じた。
ホームステイ先ではとても親切にしてもらったのに、なかなかうまく言葉にできなかった私は、ホストマザーの手伝いをしたり、子どもたちと遊びながら少しずつ覚えた。ルームメイトの女の子とは毎晩のように一緒に過ごした。学校ではイベントや旅行に参加して友達を増やしたり、先生とも仲良くなることができた。
一番仲良くしてたのは、やっぱり全てが通 じ合える日本人だったけど、私たちは困った時以外は英語で話すことを約束して、ちょっと努力もしてた。
今回は私にとって貴重な3ヶ月だった。日本での生活とは違うところがたくさんあるけど、チャンスがあればまた行ってみたいと思っている。 これは出発前には予想もしなかった展開。本当によい経験ができた。でもそれは、今回のことで出会った人みんなのおかげ。感謝の気持ちでいっぱいだ。

  Y.Mさん
 カナダのホームステイは、生涯の思い出となるほど充実したものでした。これからカナダへの留学を考えている人のために、ちょっと思いつくままに書いてみます。よかったら参考にしてください。

●出発前の心配事
 ・安全性⇒全く問題なし(特にバンフだったからかも)。
 ・食事⇒米はあるので、例えば梅干しやお茶漬けの素、 味噌などを持参すると嬉しいかも 。
 ・語学⇒身に付けておくに越したことはない。いい人が多いので、
   語学力があれば200%コミュニケーションがとれて楽しめる。
 ・語学学校での授業内容⇒学校により、かなり差があると思われる。
   私の通ったところはアットホームで、小人数制で会話の機会が多くもてた。
   (バンフエジュケーションセンター)。
 ・金銭面⇒カナダは思ったより物価が高かった(バンフは特に高いらしい)。
 ・空港からの移動手段⇒現地でどうにでもなる。
 ・TEL⇒公衆電話の使用方法が日本と異なっていたので、初めは戸惑ったが、 これまたどうにでもなる。
●カナダで楽しんだこと
 ・夏だったので、日没が9時くらい。夜遅くまで、サイクリングや 山登りを楽しんだ。
 ・自然がいっぱい。カメラやスケッチブックが大活躍!
 ・カラッとしているので涼しく(むしろ寒い)、ハイキング最高。
●用意せずに後悔したこと
 ・とにかく乾燥しているので、ハンドクリームや化粧水を十分に用意!

   S.Sさん
私は、小さい頃から憧れていた赤毛のアンのP.E.Iでパッチワークをするためにカナダに行きました。
コンタクトカナダの事務所のようなところでの講習でしたが、スタッフの方が良い方々でしたので、居心地は良かったです。全く英語が話せない私に、講師の先生は、ゆっくりわかりやすい言葉でわかるまで話してくださいました。日を重ねるうちに世間話ができるようになり、今では、メールのやり取りをしています。キルトは、4日という短い時間でしたので、ホームスティ先の皆さんとのだんらん後、部屋に帰り夜中まで宿題をしました。大好きな場所で大好きなことをしていたので苦にはなりませんでした。未完成のまま最終日が来てしまいましたが、飛行機の待ち時間や帰国後の楽しみにもなりましたので、それはそれで良かったと思っています。

ホームステイ先は、私が保育士なのでお子さんがいる家庭を選んでいただきました。お子さんたちは、英語の話せない私に、一生懸命にわかりやすい英語で話してくれ、とってもかわいかったです。食事は、朝食とお弁当は冷蔵庫のものを使わせてもらって自分で作り、夕食はお手伝いをしました。フリーの日は、お弁当を持ってピクニックや親戚 の家の牧場に連れって行ってくれました。
7/1のCANADA DAYをねらって日程を組みました。公園では、アイスに苺をたっぷりとかけたものやホットドッグを無料で配布されたり、イベントがありました。夜は特設の遊園地で遊んだり、花火が打ち上げられ、島全体でカナダデイを祝っていました。
帰りの飛行機がエンジントラブルで6時間くらい待たされました。食事代が出たそうですが、英語がわからない私はもらうことができませんでしたので、このような知識は持っておいたほうがいいと思います。 私はトロントで乗換えなので、B&Bに4泊し、苺狩りや大リーグを観戦したり、美容院でヘアカットもしてもらいました。トロントの町並みとPEIの自然を味わえました。
 コンタクトカナダPEIの方が親切で暖かい心を持っている方々でしたので、安心して過ごせました。今も連絡を取り合っています。次回もコンタクトカナダにお世話になりたいと思います。そして同じホストファミリーにお世話になりたいと考えています。いい出会いのできた旅になりました。

    K.Hさん
私の留学は初めての海外留学で2ヶ月半というかなり短期間のものでしたが毎日が楽しくてとても思い出深いものとなりました。 まず私が通ったBodwellという学校ですが、バンク−バ−のダウンタウンに位 置し、ESLとインタ−ネットの学校(別校舎)があり、私はESLのみに通いました。小さい学校で全校生徒が50人前後で卒業時は30人ぐらいでした(夏は100人程度)。今年は9月にテロがあったということと、秋から冬のバンク−バ−は寒くて日が短く天気も毎日どんよりで、生徒が増えない時期というのもあったようですが、先生の話では例年になく人が少ないようです。
ここの学校の外部からの評判はあまりよくないらしいですが(ここの学校卒業後他の学校に行った友達の話では)、アットホ−ムな雰囲気で生徒同士もみな友達に近いような感じで、私の評価としてはなかなか良かったです。教室が10室ぐらい、それに小さなカフェテリアがあり、生徒同士でご飯を食べたりお喋りしたり、大きなテレビがあるのでそれを見たりできます。
パソコンは私が行った当時は5台しかなく、なかなか使えなくて、かなりイライラしました。でも1ヶ月経って11月頃からESL校舎にあるコンピュ−タ−ル−ムが開放され、20台ぐらい増えたのでかなり助かりました。ただそれは生徒が少ない冬の時期の一時的な措置のようです。

生徒の出身国は日本・韓国・中国・台湾・ベトナム・メキシコ・ブラジル・ベネズエラ・コロンビアと、殆どがアジアか南米といったような感じです。1クラスの人数はクラスによってばらつきがあり、最低で4人(4人以下はクラスとして成り立たないそうです)、最高13人ぐらいのようです。たぶん学校選びの時に気になる日本人の割合としては結構高かったように思います。クラスに3、4人は必ずいました。もちろん母国語は禁止ですが、時々聞こえてきたりします。 私は同じに入学した韓国、ベネズエラ、ブラジル、メキシコの子たちといつもご飯を食べていて(そのうち韓国人ばかりになりましたが)、最初は日本人とはあまり仲良くしてなかったんですが、そのうち日本人の子達ともご飯を食べに行ったりスキ−に行ったりして楽しかったです。日本人同士でべったりというのはもちろんおすすめできませんが、英語ばかりだとストレスがたまる時があるので、たまにはよいかと思います。
レベルは7つあって(1.Lower Beginner/2.Higher Beginner/3.Lower Intermediate/4.Higerh Intermediate/5.Pre Advanced/6.Lowre Advanced/7.Higerh Advanced)、午後の授業は、この7つのレベルに加えて2つのスペシャルコ−スもあります(TOEFL Preparation/TOEIC Preparation)。  私は入学時のテスト後、午前中のクラスは4.Higher Intermediateを1ヶ月、5.Pre Advancedを1ヶ月、6.Lower Advancedのクラスには最後の2週間いました。テスト、プレゼン、宿題、出席率などの総合評価で9割以上であれば次の上のクラスに入れます。通 常は2ヶ月ごとにクラスが変わるようです。クラス変更の希望を相談したりもできます。午後のクラスは2ヶ月半TOEIC Preparationを取っていました。

午前中のクラスは主に文法、リスニング、ライティング、リ−ディングや、時々他のクラスメイトと一緒にプレゼンテ−ションをしたり、先生によっては昨日の出来事や質問から始めたり、イディオムやスラングの勉強、新聞記事を読んだり、ゲ−ムもありました。文法の説明などはすべて英語なので(当たり前ですが)、名詞・動詞・形容詞とかの単語を事前に知っているほうがよりスム−ズに勉強がはかどるかと思います。イディオムやスラングは日本にいてもなかなか勉強できないので、海外で沢山教えてもらって身につけると映画やドラマがきっと楽しくなります(私は少ししかできませんでしたが)。あと電子辞書はみんな持っていて、授業などで結構役立ちますので持って行くといいと思います。私は本と両方持って行きました。 宿題は先生によってまちまちです。2ヶ月目の先生は宿題が多くてなかなか遊びに行けないし大変でしたが、1ヶ月その先生を乗りきった時にとても英語力がアップしたように思えました。
午後の授業は、通常のクラスはスピ−キングが主流のようです。TOEICクラスはその名の通 り模擬テストをやって、分からなかった問題を質問して教えてもらうのが多かったです。リスニングの引っかけ問題とか教えてくれます。隔週の金曜日はアクティビティのクラスで外に出かけます。近くの美術館や映画、グランビル・アイランド、スタンレ−パ−クに行ったり、ボ−リングやビリヤ−ド、ランチに出かけたり、昼間から飲みに行くクラスもありました。私はアクティビティがとても楽しくて毎回行っていました。友達も増えますよ。
私はその他に、Pronunciationコ−スを午後の授業の後に1時間取っていました。私がすごいな−と思ったのは、その国ごとに違う発音のトラブルをまとめてあって(例えば日本人が難しいと言われているL、Rの発音など)、それを生徒1人1人に練習させたり、私は「あ」「い」の発音が何種類もあることを知らなくて、それを習うことができたので、とても良かったです。
テストは、午前中のクラスは月末ごとにあって午後のクラスのはありません。TOEICまたはTOEFLの模擬テストが交互に毎月中頃にあります。

先生はフレンドリ−な人が多く、年齢も40手前ぐらいの若めの人が多かったので質問をしやすいし、丁寧に教えてくれる先生が多かったです(なぜ年齢について書いたかというと、年をとった先生の英語は古かったりするようです)。はっきりゆっくり喋ってくれるし、カナダは特に方言のようなものはありませんので、初めて海外に留学する人でも、ある程度の英語力があれば授業の理解は特に問題ないと思います。授業中はいろいろ生徒に聞いてくるんですが、やはり積極的な生徒がいつも答えることが多くて(たまに指名されることもありますが)、私は最初は少しとまどいましたがどんどん答えていったほうが自分の為にも良いかと思います。席も後ろより前のほうに座ってみたりしました。
最後の卒業式は毎週金曜日のお昼にカフェテリアであって、卒業する人はみんなの前でスピ−チをしないといけないんですが、自分の時はみんなと離れるのがさみしくて、涙が止まらなくて何も言えませんでした。せめて先生と生徒のみんなに"Thank you"ぐらい言いたかったですね。